より個性が出せる魅力的なクラスTシャツにする方法

学生にとって学校での行事でクラスの仲間達と一緒に行う行事はとても貴重な思い出になります。仲間達と一緒に作ってきたものが一生の宝になることがあります。そんな行事の中で一致団結ができたり、行事を成功しようというモチベーションがあげられるのが、クラスTシャツです。クラスの仲間達でおそろいの色のTシャツを決めたり、デザインを考えたり、個性的な文字やイラストを入れてみたりできます。文化祭や体育祭などでクラスTシャツを着てみてチームワークを高められます。また、クラスの中でのオリジナル感があるので、他の誰も持っていない特別感があります。学校を卒業して、何年後にみんなで作ったTシャツを久しぶりに見つけてその時の楽しかったことや大変だったこと、みんなで頑張ったことなどを思い出すことができます。

クラスで一致団結できたり、思い出の一品になる。

クラスTシャツの作成のために業者に注文するためには、プリント業者によって違いますが、WEBでデータ作成から注文までできる場合と見積もりを依頼する場合があります。WEB上でデータ作成する場合はデータを作成してそのまま注文できます。注文の流れは、Tシャツの色やサイズなどを決め、WEB上でデザインを作成し、注文する内容と支払い方法を選択して送信すれば注文は完了です。見積りを依頼してからの場合は、WEBサイトに価格が表示されておらず、問い合わせをして見積りを出してもらい、スタッフと連絡をとりながら進めていきます。注文の流れは、作成したいTシャツの色やサイズなどをきめ、WEB上の見積もりフォームから送信します。すると、業者から見積内容がメールなどで連絡が来ます。問題なければ、デザインデータを添付して注文をします。データに不備がなければ入金を確認後、業者が製作を開始して商品が届きます。

オリジナルのクラスTシャツの作り方

Tシャツを作るにあたり、注意することがあります。著作権が存在する著作物について無断使用すると著作権侵害となり、違法になります。また、肖像権が発生するする被写体についても違法です。注意が必要となります。デザインを作成する時、大きさにも注意が必要です。基本的には、Tシャツにプリントアウトしたい大きさでデザインを描くことが必須です。小さくしてしまうと引き伸ばしたときに画像が粗くなります。プリントする位置も大事です。デザインやファッション性の高さも維持したいときはデザインの配置などが重要になります。作成するときに最も多い位置が、ウェア正面の胸の部分と背中部分です。こういった注意点に気をつけて作成します。学生生活の中で、クラスのみんなとデザインを考えたりして、世界に一枚しかない思い出のクラスTシャツが完成されます。