かつての日本は永久就職と言われていたように、同じ企業に長く勤めあげて貢献することが、社会人としての心構えとされていました。しかし欧米の影響を受けたことによって、自身の興味や能力に合わせて仕事への適性を考え、転職することでより適切な仕事を見つけることが受け入れられています。仕事へのやりがいや、給料アップを目指して別の仕事を模索する方に、人気が高くなっているのがITエンジニアです。ITエンジニアは、情報技術を駆使することで、世の中のさまざまな問題の解決を目標としている仕事です。そのため自身が行った仕事が目に見える形で世間に反映されることで、仕事へのやりがいや張り合いを感じる方が増えています。このような前向きな考え方を持って転職を考えている方に、ITエンジニアはとても人気が高いのです。

ITエンジニアへの転職は実績と人柄重視

新卒であればITエンジニアは未経験者でも採用がありますが、転職となると実績と人柄が重視される傾向にあります。転職のケースでは、アサイン予定となっている業務に直結している資格があることが望ましいとされていますが、資格の有無よりもコミュニケーション能力や人柄を重視している企業が増えています。技術があることは望ましいが、人をまとめることができるリーダーシップを持っている方は、ITエンジニアへの転職が有利になります。さらにマネジメント能力として、工程進行管理などの時間の管理と部下のやる気を引き出す人の管理が求められます。ITエンジニアにとっての資格は、スキルの裏付けとなる重要な証拠ではありますが、プロのビジネスマンとしてのソフトスキルが、より要求される傾向にあるようです。

ITエンジニアに転職するために必要なスキル

ITエンジニアにとって、業務スキルの他に転職の時に要求される、知識やスキルには何があるのでしょうか。今後、AIやloTの知見がある方はより有利に働くことでしょう。IT業界だけでなく、多様な業界をまたいでAIやloTに関連した業務が増えてくるため、普段からITに関係している動向やトレンドに幅広くアンテナを張って、情報収集しておくことでライバルと差をつけることができる重要なスキルとなります。またマーケットがグローバル化することで、英語が話せることが必須となっています。大手企業の中には社内の公用語を英語にするなど、英語を広く活用している企業が増えているため、今後何れかのIT企業でこのような取り組みを行う企業が出てくる可能性もあります。AIによって通訳や自動翻訳は可能ですが、コミュニケーションを取る上で英語能力の高さが高いほど有利となります。